News & Topics

HOME > News & Topics > Topics > 2018年度 > いちょう祭・サイエンスカフェ「てんかんや発達の遅れの原因となる新しい病気の発見」[4月30日]

いちょう祭・サイエンスカフェ「てんかんや発達の遅れの原因となる新しい病気の発見」[4月30日]

サイエンスカフェ「てんかんや発達の遅れの原因となる新しい病気の発見」

2018年4月30日(月・祝)に大阪大学いちょう祭のイベントとして、サイエンスカフェ・オンザエッジ「てんかんや発達の遅れの原因となる新しい病気の発見」を開催します。 最近、先天性GPI欠損症 (IGD) がてんかんの一因となることが分かってきました。本サイエンスカフェでは、医師でもある微生物病研究所の村上良子教授が、IGDとその治療法開発に向けての試みについて分かりやすくお話しします。

※サイエンスカフェとは、カフェのようなリラックスした空間で、科学の専門家と市民とが科学について気軽に語り合うイベントです。

日時 2018年4月30日(月・祝)午後2時00分 - 午後3時30分
会場 微生物病研究所1階 微研ホール (大阪大学吹田キャンパス)
ゲスト 村上良子(むらかみよしこ)/(大阪大学 微生物病研究所 寄附研究部門教授)
参加費 無料(申込不要)
定員 40名(先着順)
資料ダウンロード いちょう祭吹田キャンパスイベント紹介

大阪大学 吹田キャンパス 微生物病研究所 本館1階 微研ホール:大阪府吹田市山田丘3番1号

  • 阪急電車千里線 北千里駅下車 東へ徒歩 12分
  • 大阪モノレール彩都線 阪大病院前駅から徒歩 20分
  • 阪急バス・近鉄バス 阪大本部前 バス停下車徒歩12分
  • 阪急バス 千里中央発「小野原東・富士火災」方面行 阪大口バス停下車徒歩5分

アクセスマップ・キャンパス間連絡バス時刻表ダウンロード

Archives

 
TOPに戻る