News & Topics

HOME > News & Topics > Topics > 2019年度 > [サイエンスカフェ]ナレッジキャピタル超学校「阪大発の最先端医学研究に触れる」第2回

[サイエンスカフェ]ナレッジキャピタル超学校「阪大発の最先端医学研究に触れる」第2回

2019年5月15日(水)に大阪大学大学院医学系研究科×大阪大学免疫学フロンティア研究センター×ナレッジキャピタル「阪大発の最先端医学研究に触れる」第2回免疫のカナメ「抗体」はどのようにできるか?を開催しました。今回の超学校シリーズでは大阪大学 免疫学フロンティア研究センター分化制御の井上 毅さんをゲストとしてお招きしました。

インフルエンザワクチンの仕組みと言った身近な話題から出発し、「免疫のカナメである抗体の仕組みとは?」「抗体は身体のどこでどのように作られるのか?」「AIで挑む免疫学研究の最前線とは?」免疫の根幹に迫るこれらの問いについて来場者の方とお話ししました。キャンセル待ちの方もいらっしゃったようで一般の方の興味関心の熱を感じることが出来ました。井上さん、ご来場の皆さま、ありがとうございました。

次回の超学校シリーズは、6月19日に大阪大学 大学院医学系研究科 スポーツ医学の中田 研さんをゲストに招き、「2020東京オリンピック・パラリンピックにむけたスポーツ医学研究」というテーマで開催します。


超学校2 超学校2 超学校2

次回以降のスケジュールは以下の通りです。お申込み・空席情報等詳細のご確認は、ナレッジキャピタルのページにて行ってください。

第3回 2020東京オリンピック・パラリンピックにむけたスポーツ医学研究
2019年6月19日(水) 19:00〜20:30

中田 研
大阪大学 大学院医学系研究科 スポーツ医学 教授

第4回 寄生虫トキソプラズマと免疫
2019年7月17日(水) 19:00〜20:30

笹井 美和
大阪大学微生物病研究所 准教授、大阪大学免疫学フロンティア研究センター 准教授

Archives

 
TOPに戻る