感染病態

Immunopathology

HOME > People > 感染病態
TOPに戻る

免疫セマフォリン分子群による免疫応答制御機構の解析

セマフォリンファミリーは1990年代の初めから発生過程で神経の進むべき方向性を決定するガイダンス因子として同定されてきた分子群であるが、その後神経だけでなく器官形成、血管新生、脈管形成、癌の悪性化等への関与も報告されている。私たちの研究グループは2000年に免疫応答に必須の副刺激分子として知られるCD40シグナル関連遺伝子としてセマフォリンCD100/Sema4Dを同定し、セマフォリンの免疫系における役割を見出した。その後Sema4AやSema6Dなど免疫系で機能するセマフォリン分子が次々と明らかとなり(Sema3A, Sema4A, Sema4B, Sema4G, Sema4F, Sema6A, Sema6B, Sema6D, Sema7A)、これらの分子は現在「免疫セマフォリン分子:immune semaphorin」の名称で呼ばれている(Fig.1)。これまでの研究から、免疫セマフォリンは免疫応答の活性化相、分化相、エフェクター相といった様々な相に関与することが明らかとなっている(Fig.2)。本分野ではこれら免疫セマフォリン分子群を「窓」に免疫応答機構の解析を行う。

Fig.1 Representative Immune Semaphorins

Fig.2 Involvement of semaphorins in various phases of immune responses

主任研究者

熊ノ郷 淳 教授

研究内容: 免疫セマフォリンによる免疫調節機構の解析
06-6879-3833
kumanogoimed3.med.osaka-u.ac.jp
学 歴

1991 大阪大学医学部医学科 卒業
1997 大阪大学医学系研究科大学院 修了

職 歴

1997 大阪大学微生物病研究所 分子免疫制御分野 研究員
2003.12 同分野 助教授
2006.6 大阪大学微生物病研究所 感染病態分野 教授
2007.10 大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 教授
2010.11- 大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科学 教授

メンバー

豊福 利彦 教授
toyofukuimed3.med.osaka-u.ac.jp
岡 芳弘 教授
yoshiimed3.med.osaka-u.ac.jp
楢崎 雅司 教授
mnarazakiimed3.med.osaka-u.ac.jp
野島 聡 准教授
s_nojimamolpath.med.osaka-u.ac.jp
武田 吉人 准教授
yoshitoimed3.med.osaka-u.ac.jp
高松 漂太 助教
thyotaimed3.med.osaka-u.ac.jp
奥野 龍禎 助教
okunoneurol.med.osaka-u.ac.jp
森田 貴義 助教
t-moritaimed3.med.osaka-u.ac.jp
 
 

主な論文

Kumanogoh A. et al. Nature 419, 629-633, 2002
Kikutani H. and Kumanogoh A. Nat. Rev. Immunol. 3, 159-167, 2003
Kumanogoh A. et al. Immunity 22, 305-16, 2005.
Takegahara, N, Kumanogoh A (*corresponding author) et al. Nat Cell Biol. 8, 615-622, 2006.
Suzuki K, Kumanogoh A (*corresponding author) et al. Nature 446, 680-684, 2007.
Suzuki et al. Nature Immunology 9, 17-23, 2008.
Takamatsu et al. Nature Immunology 11, 594-600, 2010.
Nogi T et al. Nature 467:1123-7, 2010.
Hayashi T et al. Nature 485:69-74, 2012.
Nojima S et al. Nature Commun. 4:1406. 2013.
Kumanogoh A and Kikutani H. Nature Rev Immunol. 13:802-14. 2013.
Schulz E et al. Nature Commun. 5:5191. 2014.
Kimura T et al. Nature Commun. 7:13130. 2016.

受賞・表彰

1991 大阪大学楠本賞
1999 大阪大学微生物病研究所優秀学術賞
2003 大阪大学微生物病研究所最優秀学術賞
2005 第1回日本学術振興会賞
2005 第8回日本免疫学会賞
2006 第2回大阪大学教育・研究功績賞
2010 第28回大阪科学賞
2011 文部科学大臣表彰・科学技術賞
2012 第一回大阪大学総長顕彰
2012 持田記念学術賞
2015 米国臨床医学会特別会員選出