News & Topics

HOME > News & Topics
 
ナレッジキャピタル・ワークショップフェス2019 SPRINGに出展しました。
 
日本における研究実施のためのガイダンスセミナー[4月24日]
 
長澤丘司 教授が学士院賞を受賞
 
白血病の発症に関わる新たな分子機構を発見 (高倉G が Nat Commun に発表)
 
IFReC と WPI が AAAS 2019 に参加
 
微生物病研究所 / 免疫学フロンティア研究センター 合同説明会・見学会[5月25日]
 
[セミナー] 角木 基彦 (02月22日)
 
肺がんに対する抗PD-1抗体の治療効果と筋肉量の関係を明らかに (熊ノ郷G が Science Report に発表)
 
[国際シンポジウム]Next Gen Immunology in Health and Disease(Feb.7-8/2019)
 
自己免疫疾患に関わるT細胞の制御分子を同定 (坂口GがNat Communに発表)
 
大阪大学をはじめとする4者が文部科学大臣賞を受賞
 
機械学習と次世代シークエンス技術の活用により日本人集団のHLAを解明(岡田GがNat Genに発表)
 
第8回 Winter School on Advanced Immunology
 
腫瘍の治療法につながる血管の防御機構を解明 (高倉GがDev. Cellに発表)
 
肺癌 に対してEGFR阻害薬が効きにくくなる原因を明らかに (熊ノ郷Gが JCI insight に発表)
 
ボン大学との学術交流協定の調印式を行いました。
 
山本雅裕 教授が、第15回日本学術振興会賞を受賞
 
第7回WPIサイエンスシンポジウムを開催しました。[12月27日]
 
山本雅裕教授が AMED 理事長賞を受賞
 
IFReCの研究者が JSI から表彰
 
[内部イベント] The 40th IFReC Colloquium [12月19日]
 
サイエンスカフェ・オンザエッジ「脳腫瘍と免疫細胞の意外な関係~骨髄から出られないリンパ球~」[12月9日]
 
【来訪】第23回中国大学生日本訪問プロジェクト「走近日企・感受日本」訪問団
 
IFReC の研究者が平成30年度大阪大学賞を受賞
 
[IFReCセミナー] Mark S. Sundrud (11月19日)
 
大阪大学共創DAY@EXPOCITY「大阪大学とあそぼう」に出展しました。
 
サイエンスアゴラ2018に出展しました
 
第10回IFReC国際シンポジウム[11月5・6日]
 
ハイデルベルグ大学(ドイツ)合同シンポジウム[11/8]
 

Archives

 
TOPに戻る