News & Topics

HOME > News & Topics
 
[公募開始しました] Winter School on Advanced Immunology
 
[内部イベント] The 31st IFReC Colloquium [6月21日]
 
トキソプラズマに対する宿主防御反応に必須の因子の同定(山本グループがNature Immunology誌に発表)
 
骨髄に残存するマラリア原虫副生成物による慢性的骨量減少を発見(Cobanグループ、Science Immunology)
 
【来訪】ドイツ連邦共和国教育研究省 ステファン・ミューラー 政務次官 御一行
 
いちょう祭・サイエンスカフェ「病気ごとに異なる、新種マクロファージの発見」[4月30日]
 
[内部イベント] The 30th IFReC Colloquium [4月19日]
 
IFReCの研究者が平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰の若手科学者賞を受賞。
 
【授賞式】岸本忠三教授がキング・ファイサル国際賞を受賞
 
微生物病研究所 / 免疫学フロンティア研究センター 合同説明会・見学会[5月20日]
 
トリパノソーマ・クルージ感染時の免疫応答制御のしくみを解明(竹田グループがJEMに発表)
 
胚中心B細胞の増殖制御の仕組みを解明(黒崎グループがJEMに発表)
 
【IFReCセミナー】 PATHOLOGY OF BEHCET'S DISEASE [3月24日]
 
【IFReCセミナー】IMMUNOLOGY AT ROCHE [3月23日]
 
AAAS 2017 Annual Meetingに参加しました。
 
【IFReC セミナー】Ye Htun Oo [2月22日]
 
大阪大学と大塚製薬の包括連携契約締結のお知らせ
 
[内部イベント] The 29th IFReC Colloquium [2月8日]
 
【IFReCセミナー】Anne O'Garra/Lewis L. Lanier[2月2日・3日]
 
【IFReC セミナー】Mikael Martino
 
【来訪】尾身幸次STSフォーラム理事長
 
【IFReCセミナー】Daniela Verthelyi
 
【IFReCセミナー】Dennis Klinman
 
【IFReCセミナー】Dr Gaetan Burgio / Dr Richard Culleton
 
岸本忠三教授がキング・ファイサル国際賞を受賞
 
坂口志文教授がクラフォード賞を受賞
 
線維症に関わるマクロファージの発見(審良グループがNatureに発表)
 
微細粒子の吸入によるアレルギー性炎症の発症機構を解明(石井健グループがImmunity に発表)
 
Satb1による制御性T細胞発生メカニズムの解明(坂口グループがNat Immunolに発表)
 

Archives

 
TOPに戻る