News & Topics

HOME > News & Topics > Research
 
傷ついた神経回路を修復させる仕組みを解明(山下グループがJCI誌に発表)
 
"切らない組織診断"でリアルタイムにがんを診断(石井優グループがScientific Reportsに発表)
 
制御性T細胞は抗体産生の場に遊走し、サブグループを生じる(坂口グループがPNASに発表)
 
トキソプラズマに対する宿主防御反応に必須の因子の同定(山本グループがNature Immunology誌に発表)
 
骨髄に残存するマラリア原虫副生成物による慢性的骨量減少を発見(Cobanグループ、Science Immunology)
 
トリパノソーマ・クルージ感染時の免疫応答制御のしくみを解明(竹田グループがJEMに発表)
 
胚中心B細胞の増殖制御の仕組みを解明(黒崎グループがJEMに発表)
 
線維症に関わるマクロファージの発見(審良グループがNatureに発表)
 
微細粒子の吸入によるアレルギー性炎症の発症機構を解明(石井健グループがImmunity に発表)
 
Satb1による制御性T細胞発生メカニズムの解明(坂口グループがNat Immunolに発表)
 
交感神経による免疫応答の日内変動を発見(鈴木グループがJEMに発表)
 
敗血症性ショックの悪化メカニズム解明(岸本グループがPNASに発表)
 
サリドマイド誘導体分子の抗炎症作用機序の解明(岸本グループがPNASに発表)
 
破骨細胞の機能を動物体内でリアルタイムに可視化 (菊地グループと石井グループがNature Chemical Biologyに発表)
 
メモリーB細胞の分化誘導メカニズムを解明(黒崎グループがNat Immunolに発表)
 
大腸がんの予後とFOXP3陽性細胞との関係を解明(坂口グループがNat Medに発表)
 
病原微生物の免疫逃避機構に対抗する新たな生態防御システムの発見(荒瀬グループがNat Microbiol に発表)
 
新しいデータベースImmuno-Navigatorを用いて明らかにした、免疫系細胞の細胞特異的な遺伝子発現ネットワーク(免疫ゲノム学ユニットと坂口グループがPNASに掲載)
 
腸内細菌の大腸組織侵入を防ぐメカニズムを解明 (竹田グループが Nature に発表)
 
実験的トキソプラズマ不活化ワクチンがどのように効くかを解明 (山本教授らがCell Reportsに掲載)
 
RNA分解酵素複合体CCR4-NOTによるB細胞分化制御(黒崎教授らがJEMに掲載)
 
抗トキソプラズマ免疫反応のブレーキ役分子を同定 (山本教授らがPNASに掲載)
 
ラマン分光法を用いて細胞の分化状態の可視化に成功 (藤田准教授らが Scientific Reports に掲載)
 
脂肪慢性炎症の引き金となる分子を同定 (石井優 教授らが PNAS に掲載)
 
不育症や血栓症を引き起こす自己抗体の標的分子を解明 (荒瀬 教授らが Blood に掲載)
 
マクロファージの運命決定に関与する新たな生体システムの解明 (石井優 教授らが Nat Med に掲載)
 
アレルギー反応を抑えるメカニズムを解明 (竹田 教授が Immunity に掲載)
 
ワクチン接種反応における制御性T細胞の働きを解明 (坂口 教授らが Immunity に掲載)
 
自己免疫疾患を回避する免疫系のシステムを解明 (坂口 教授らが Science に掲載)
 
プラズマブラストが自己免疫性の炎症を抑制する (黒崎 教授らが Immunity に掲載)
 

Archives

 
TOPに戻る