News & Topics

HOME > News & Topics > Research
 
発作性夜間ヘモグロビン尿症の発症メカニズム解明
 
マラリア原虫分化の引き金となる宿主因子を明らかに(山本GがJEMに発表)
 
IL-17 に誘導された Regnase-1 リン酸化による炎症調節機構の解明 (審良GがJEMに発表)
 
免疫細胞の移動を制御する分子COMMD3/8複合体の発見 (鈴木G が JEM に発表)
 
白血病の発症に関わる新たな分子機構を発見 (高倉G が Nat Commun に発表)
 
肺がんに対する抗PD-1抗体の治療効果と筋肉量の関係を明らかに (熊ノ郷G が Science Report に発表)
 
自己免疫疾患に関わるT細胞の制御分子を同定 (坂口GがNat Communに発表)
 
機械学習と次世代シークエンス技術の活用により日本人集団のHLAを解明(岡田GがNat Genに発表)
 
腸内細菌により免疫が活性化される仕組みを解明 (竹田GがNatureに発表)
 
腫瘍の治療法につながる血管の防御機構を解明 (高倉GがDev. Cellに発表)
 
肺癌 に対してEGFR阻害薬が効きにくくなる原因を明らかに (熊ノ郷Gが JCI insight に発表)
 
新たなゲノム解析手法で、関節リウマチのバイオマーカーを同定 (岡田GがNARに発表)
 
劇症型レンサ球菌が免疫を回避する機構を解明 (山崎GがPNASに発表)
 
寄生虫感染により産生誘導される 一酸化窒素 が、宿主免疫を弱める(山本GがmBioに発表)
 
肺癌に対する抗PD-1抗体治療中止後の効果持続メカニズムの解明 (小山助教(熊ノ郷G)らが JCI insight に発表)
 
Tリンパ球が骨髄から出られなくなる現象を脳腫瘍患者で明らかに! (小山助教(熊ノ郷G)らがNature Medicineに発表)
 
赤血球代謝産物のヘムが腸管炎症を抑制する仕組みを解明(竹田GがPNASに発表)
 
全身性エリテマトーデスが増悪する仕組みを発見 (高松―熊ノ郷グループが Ann Rheum Dis. に発表)
 
神経ガイダンス因子 セマフォリン6Dが、免疫と代謝をつなぐ (熊ノ郷グループが Nature Immunology に発表)
 
自己免疫性関節炎の発症・慢性化の原因となる新たな細胞群と炎症ネットワークメカニズムの発見(坂口グループがImmunityに発表)
 
ウイルス感染から身体を守る抗体が作られる仕組みを発見(黒崎グループがImmunityに発表)
 
脳卒中発症に関わる22の新しい遺伝的変異を同定(岡田グループがNature Geneticsに発表)
 
リンパ球が産生する自然抗体が脳の成長を促すことを発見(山下グループがNature Neuroscienceに発表)
 
単一細胞レベルでの免疫細胞活性化を測定する画期的光学システムの開発(Nicholas I. SmithグループがPNASに発表)
 
炎症によってRNA安定化分子Arid5aは核から細胞質に移行する(岸本グループがPNASに発表)
 
骨を造る細胞と骨を溶かす細胞の生きた相互作用を初めて可視化!(石井優グループがNature Communicationsに発表)
 
潰瘍性大腸炎での異常な免疫反応の仕組みを解明(竹田グループがImmunity誌に発表)
 
マラリアの重症化メカニズムを解明(荒瀬グループがNature誌に発表)
 
多発性骨髄腫に対する新規「CAR-T細胞療法」を開発(熊ノ郷グループがNature Medicine誌に発表)
 
傷ついた神経回路を修復させる仕組みを解明(山下グループがJCI誌に発表)
 

Archives

 
TOPに戻る