News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2019年度
 

Research 2019年度

STAT1リン酸化はLPS誘導型 IL-6と IL-12p40産生を促進する(岸本G が Sci Signal に発表)
 
難病 線維症の発症原理 を解明(審良G が Immunity に発表)
 
血管内皮幹細胞の分離法を確立(高倉G が Nat. Protocols に発表)
 
GPIアンカーの生合成とスフィンゴ糖脂質生合成系のクロストークを明らかに(木下GがNat Communに発表)
 
セマフォリンは鼻ポリープ形成を誘導する鍵分子 (熊ノ郷Gが JACI に掲載)
 
関節炎で骨を破壊する"悪玉破骨細胞"を発見(石井優Gが Nat Immunol に発表)
 
関節リウマチ患者の腸内細菌の特徴が明らかに (岡田随象GがARDに発表)
 
発作性夜間ヘモグロビン尿症の発症メカニズム解明
 
マラリア原虫分化の引き金となる宿主因子を明らかに(山本GがJEMに発表)
 
IL-17 に誘導された Regnase-1 リン酸化による炎症調節機構の解明 (審良GがJEMに発表)
 
免疫細胞の移動を制御する分子COMMD3/8複合体の発見 (鈴木G が JEM に発表)
 

Archives

 
TOPに戻る