News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2015年度
 

Research 2015年度

腸内細菌の大腸組織侵入を防ぐメカニズムを解明 (竹田グループが Nature に発表)
 
実験的トキソプラズマ不活化ワクチンがどのように効くかを解明 (山本教授らがCell Reportsに掲載)
 
RNA分解酵素複合体CCR4-NOTによるB細胞分化制御(黒崎教授らがJEMに掲載)
 
抗トキソプラズマ免疫反応のブレーキ役分子を同定 (山本教授らがPNASに掲載)
 
ラマン分光法を用いて細胞の分化状態の可視化に成功 (藤田准教授らが Scientific Reports に掲載)
 
脂肪慢性炎症の引き金となる分子を同定 (石井優 教授らが PNAS に掲載)
 

Archives

 
TOPに戻る