News & Topics

HOME > News & Topics > 2017年度
 

2017年度

IFReC Advanced Postdoc Position
 
多発性骨髄腫に対する新規「CAR-T細胞療法」を開発(熊ノ郷グループがNature Medicine誌に発表)
 
[IFReCセミナー] Hidehiro Yamane (11月7日)
 
[IFReCセミナー] Warren J. Leonard (10月26日)
 
坂口志文副拠点長が「文化功労者」に選出
 
[IFReCセミナー] Axel Kallies (10月20日)
 
[内部イベント] The 33rd IFReC Colloquium [10月11日]
 
【来訪】 ドイツ ボン大学御一行
 
木下タロウ教授が「武田医学賞」を受賞
 
[IFReCセミナー] CLAUDIA MAURI(10月3日)
 
第9回 国際シンポジウム - Immunology at the Forefront [2018年1月26日]
 
[IFReCセミナー]Andrea Reboldi/Meirav Pevsner-Fischer(9月4日)
 
[IFReCセミナー] Christophe J. Desmet(9月4日)
 
[内部イベント] The 32nd IFReC Colloquium [8月30日]
 
傷ついた神経回路を修復させる仕組みを解明(山下グループがJCI誌に発表)
 
【WPI合同アウトリーチ】スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会に出展 [8月9-10日]
 
【来訪】奈良県スーパーサイエンスハイスクール、サイエンスツアー
 
【来訪】大阪中学生サマー・セミナー
 
第7回 Winter School on Advanced Immunology
 
"切らない組織診断"でリアルタイムにがんを診断(石井優グループがScientific Reportsに発表)
 
【特別講演】永山 治 氏(中外製薬株式会社会長)[7月20日]
 
制御性T細胞は抗体産生の場に遊走し、サブグループを生じる(坂口グループがPNASに発表)
 
[内部イベント] The 31st IFReC Colloquium [6月21日]
 
トキソプラズマに対する宿主防御反応に必須の因子の同定(山本グループがNature Immunology誌に発表)
 
骨髄に残存するマラリア原虫副生成物による慢性的骨量減少を発見(Cobanグループ、Science Immunology)
 
【来訪】ドイツ連邦共和国教育研究省 ステファン・ミューラー 政務次官 御一行
 
いちょう祭・サイエンスカフェ「病気ごとに異なる、新種マクロファージの発見」[4月30日]
 
[内部イベント] The 30th IFReC Colloquium [4月19日]
 
IFReCの研究者が平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰の若手科学者賞を受賞。
 
【授賞式】岸本忠三教授がキング・ファイサル国際賞を受賞
 
微生物病研究所 / 免疫学フロンティア研究センター 合同説明会・見学会[5月20日]
 

Archives

 
TOPに戻る