News & Topics

HOME > News & Topics > 2013年度
 

2013年度

関節リウマチ等の自己免疫疾患の新たな発症機構を発見 (荒瀬 教授が PNAS に掲載)
 
Staff Development 免疫学講座 Series1
「自然免疫と獲得免疫」を開催しました。
 
WPI が AAAS 2014 に参加しました
 
【内部イベント】The 14th IFReC Colloquium を開催しました。
 
"Happy Hour" を開催しました。
 
ワクチンの効果を高める新規免疫核酸医薬の開発に成功 (石井健 教授がPNAS に掲載)
 
田中純子教授による講演会が開催されました。
 
Shan LU, MD, PhDによるセミナーを開催しました。
 
公開シンポジウム『免疫研究が拓く未来医療』を開催しました。
 
Eicke LATZ, MD, PhDによるセミナーを開催しました。
 
第3回 NIF免疫ウィンタースクールを開催
 
【シンポジウム】Mini Malaria Immunopathology symposiumを開催しました。
 
IFReCの研究者が、日本磁気共鳴医学会 学会賞(バイエル学術奨励賞国際飛躍賞)を受賞
 
WPI は AAAS 2014 に参加します
 
Dr.  Florent GINHOUX によるセミナーを開催しました。
 
"Happy Hour" を開催しました。
 
The 13th IFReC Colloquium を開催しました。
 
Science Talk Live 2013 by WPI -第3回 世界トップレベル研究拠点(WPI)合同シンポジウム in 仙台-
 
Dr. Takeshi Egawa によるセミナーを開催しました。
 
Science Talk Live 2013 by WPI
-第3回 世界トップレベル研究拠点(WPI)合同シンポジウム in 仙台-
 
「教職員のためのアウトリーチ実践論 -IFReC での経験から-」を開催しました。
 
IFReC の齊藤達哉 准教授が日本薬学会奨励賞を受賞
 
サイエンスアゴラに出展しました。
 
IFReC の柳田敏雄 副拠点長が文化功労者に選出
 
国際シンポジウム"Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism (TCUID 2013)"
 
The 12th IFReC Colloquium を開催しました。
 
"Happy Hour" を開催しました。
 
IFReCの研究者が、日本磁気共鳴医学会 学術奨励賞を受賞
 
菊地和也 教授が大阪科学賞を受賞
 
破骨細胞融合を制御する新たな転写調節因子の同定に成功 (審良拠点長がJEM に掲載)
 
ウイルス感染に対抗する新たな免疫反応の仕組みを解明 (審良 拠点長が Cell Host & Microbe に掲載)
 
郷 通子氏による講演会が開催されました。
 
The 11th IFReC Colloquium を開催しました。
 
Dr. Diego Miranda-Saavedra が、新しいポジションへ
 
外国人研究者のための科研費セミナー(外国人研究者向け)が開催されました
 
Dr. Susana Guerra によるセミナーを開催しました。
 
記憶B細胞が抗体産生細胞に分化しやすくなる仕組みを解明 (黒崎 教授が Immunity に掲載)
 
IFReCの研究者が、がん免疫学会若手研究奨励賞を受賞
 
審良教授・坂口教授が 「大阪大学特別教授」に
 
【内部イベント】 Live Immuno-Imaging Facility (LiF) Opening Workshop を開催しました。
 
Dr. Gos Micklem によるセミナーを開催しました。
 
The 10th IFReC Colloquium を開催しました。
 
【内部研究者向け】異分野融合研究支援・デュアルメンタープログラム応募について
 
Dr. Axel Kallies によるセミナーを開催しました。
 
第一回免疫フロンティアB to B セミナーが開催
 
自己免疫疾患の発症メカニズムの一因が明らかに (審良 拠点長が Cell に掲載)
 
5月16日(木) 濱﨑 万穂 博士 によるセミナー、"Autophagosome membrane biogenesis" を開催しました。
 
免疫難病の発症機構の解明に一つの鍵 (岸本 教授が PNAS に掲載)
 

5月9日(木) 竹ヶ原 宜子 博士 によるセミナーを開催しました。

 
【いちょう祭・サイエンスカフェ】 「バイオイメージングの最前線!」を開催しました。
 
The 9th IFReC Colloquium を開催しました。
 
二本鎖RNAのPoly ICは、サイトカイン産生を増強するとともに、樹状細胞の細胞死を誘導する (審良 拠点長が Immunity に掲載)
 
荒瀬尚 教授が文部科学大臣表彰受賞
 
ビタミンDは、破骨細胞を骨から遠ざけ血管へ引き戻す (石井優 教授が PNAS に掲載)
 

Archives

 
TOPに戻る