ヒト免疫学
(単一細胞ゲノミクス)

Human Immunology(Single Cell Genomics)

HOME > People > 免ヒト免疫学(単一細胞ゲノミクス)
TOPに戻る

ヒト免疫学

単一細胞解析に親和性を持つ免疫学研究者集団・研究所
(地の利:最先端免疫研究 + 医学部附属病院 + IFReCヒト免疫学研究室)

世界最大・最先端・高品質な“IFReC独自の単一免疫細胞データベース”を構築

新たな免疫学の開拓、医療への貢献



State-of-the-art equipment for single cell analysis of human samples

figure1


単一細胞解析

Brief introduction of Single Cell Analysis

単一細胞解析技術の発達により基礎研究・臨床研究の場で、これまで一定の細胞集団でしか観察できなかった遺伝情報を単一細胞レベルで知ることが可能になった。

Advantage of Single Cell Analysis

これまで細胞集団に埋もれていたレアな特徴を示す細胞集団を同定することができ、それによって治療標的となる細胞集団の同定や創薬に繋がる可能性が考えられる。

How to contribute to Human Immunology

単一細胞解析はスタンダートが未だ確定しておらず、情報収集、解析法の確立など多くの課題がある。国内でいち早く臨床的取り組みを進め、細胞採取から情報解析まで知識・経験・インフラを整えている。

figure2

主任研究者

奥﨑 大介 准教授

研究内容:遺伝子工学、分子生物学、細胞生物学、遺伝情報学関連
06-6879-4935(IFRec Lab) / 06-6879-8323 (Biken lab)
dokuzakibiken.osaka-u.ac.jp
学 歴
1995年03月 岡山大学 工学部 生物応用工学科 卒業
1997年03月 岡山大学 工学研究科 生物応用工学専攻
2001年03月 大阪大学 医学研究科 生体制御医学専攻
職 歴
2002.1 – 2004.3 大阪大学微生物病研究所 分子遺伝研究分野 助手
2004.4 – 2007.3  大阪大学微生物病研究所 感染症DNAチップ開発センター 助手
2004.4 – 2007.3 大阪大学微生物病研究所 分子遺伝研究分野 助手(兼任)
2007.4 – 2017.3 大阪大学微生物病研究所 感染症DNAチップ開発センター 助教
2007.4 – 2017.3 大阪大学微生物病研究所 分子遺伝研究分野 助教(兼任)
2017.4 – 2019.10 大阪大学微生物病研究所 遺伝情報実験センター ゲノム解析室 助教
2019.11 – 現在 大阪大学免疫学フロンティア研究センター ヒト免疫学
(単一細胞ゲノミクス) 特任准教授
2019.11 – 現在 大阪大学微生物病研究所 遺伝情報実験センター
ゲノム解析室 特任准教授(兼任)

メンバー

中村 昇太(兼) 准教授
nshotagen-info.osaka-u.ac.jp
元岡 大祐(兼) 助教
daisukemgen-info.osaka-u.ac.jp
石川 昌和 研究員
mishikawaifrec.osaka-u.ac.jp
劉 祐誠 研究員
yuchenliuifrec.osaka-u.ac.jp
Mohamad Al kadi 研究員
malkadibiken.osaka-u.ac.jp
 
 

主な論文

1: Al Kadi M, Jung N, Ito S, Kameoka S, Hishida T, Motooka D, Nakamura S, Iida T, Okuzaki D. UNAGI: an automated pipeline for nanopore full-length cDNA sequencing uncovers novel transcripts and isoforms in yeast. Funct Integr Genomics. 2020 Jan 18. doi: 10.1007/s10142-020-00732-1. [Epub ahead of print] PubMed PMID: 31955296.
2: Okuzaki D, Yamauchi T, Mitani F, Miyata M, Ninomiya Y, Watanabe R, Akamatsu H, Oneyama C. c-Src promotes tumor progression through downregulation of microRNA-129-1-3p. Cancer Sci. 2020 Feb;111(2):418-428. doi: 10.1111/cas.14269. Epub 2020 Jan 17. PubMed PMID: 31799727; PubMed Central PMCID: PMC7004518.
3: Hasegawa T, Kikuta J, Sudo T, Matsuura Y, Matsui T, Simmons S, Ebina K, Hirao M, Okuzaki D, Yoshida Y, Hirao A, Kalinichenko VV, Yamaoka K, Takeuchi T, Ishii M. Identification of a novel arthritis-associated osteoclast precursor macrophage regulated by FoxM1. Nat Immunol. 2019 Dec;20(12):1631-1643. doi: 10.1038/s41590-019-0526-7. Epub 2019 Nov 18. PubMed PMID: 31740799.
4: Okuzaki D, Ota K, Takatsuki SI, Akiyoshi Y, Naoi K, Yabuta N, Saji T, Nojima H. FCN1 (M-ficolin), which directly associates with immunoglobulin G1, is a molecular target of intravenous immunoglobulin therapy for Kawasaki disease. Sci Rep. 2017 Sep 12;7(1):11334. doi: 10.1038/s41598-017-11108-0. PubMed PMID: 28900133; PubMed Central PMCID: PMC5595863.
5: Okuzaki D, Yoshizaki K, Tanaka T, Hirano T, Fukushima K, Washio T, Nojima H. Microarray and whole-exome sequencing analysis of familial Behçet's disease patients. Sci Rep. 2016 Jan 20;6:19456. doi: 10.1038/srep19456. PubMed PMID: 26785681; PubMed Central PMCID: PMC4726226.
6: Nagi-Miura N, Okuzaki D, Torigata K, Sakurai MA, Ito A, Ohno N, Nojima H. CAWS administration increases the expression of interferon γ and complement factors that lead to severe vasculitis in DBA/2 mice. BMC Immunol. 2013 Sep 24;14:44. doi: 10.1186/1471-2172-14-44. PubMed PMID: 24063402; PubMed Central PMCID: PMC3876726.