News & Topics

HOME > News & Topics > Seminar > 2008年度 > Dr. Özören によるセミナーを 2月19日に開催しました。

Dr. Özören によるセミナーを 2月19日に開催しました。

Dr. Nesrin Ozoren, Associate Prof., Department of Molecular Biology and Genetics, Bogazici University (Istanbul, Turkey) による講演会 "Inflammasome Activity in Disease and Apoptosis" を開催しました

'Inflammasome' とはcaspase 1, PYCARD, a NALP あるいはcaspase5やcaspase11からなる複合タンパクで、炎症性サイトカインであるIL1-beta や IL18の成熟を促進し、アポトシスなどプログラム化された細胞死をも誘導することが知られています。このセミナーにおいて Dr. Ozoren はToll-like Receptor (TLR) や Nod-like Receptor (NLR) による初期の病原体認識とアポトシスを伴う免疫疾患に関連したInflammasome の活性化について発表しました。

セミナーの後半に Dr. Ozoren はベーチェット病についての興味深い話題を提供しました。ベーチェット病は1936年にトルコの医師、フルス・ベーチェットにより初めて正式に報告された免疫疾患の一種です。この免疫病はかつて東アジアから中央アジアの交易路に沿って多くの患者が発生したため "シルクロード病"とも呼ばれました。ベーチェット病の症状は古代から知られていましたが、いまだにその原因はよく分かっていません。

Seminar-20090219.jpg

[References]

● Martinon F, Burns K, Tschopp J. The inflammasome: a molecular platform triggering activation of inflammatory caspases and processing of proIL-beta. Mol Cell 10 (2): 417-26., 2002.
● Ozoren N, Masumoto J, Franchi L, Erturk I, Jagirdar R, Zhu L, Inohara N, Bertin J, Coyle A, Grant EP, and Nunez G. Distinct roles of TLR2 and the adaptor ASC in IL-1beta/IL-18 secretion in response to Listeria monocytogenes. J Immunol., 2006.
● Kanneganti TD, Ozoren N, Body-Malapel M, Amer A, Park JH, Franchi L, Whitfield J, Barchet W, Colonna M, Akira S, and Nunez G. Bacterial RNA and small antiviral compounds activate caspase-1 through cryopyrin/Nalp3. Nature., 2006.

Archives

 
TOPに戻る