News & Topics

HOME > News & Topics > Seminar > 2014年度
 

Seminar 2014年度

免疫学講座 Series 8 「ワクチンと免疫記憶-インフルエンザワクチンは効くの?効かないの?」を開催しました。
 
6th IFReC International Symposium "Immunology at the Forefront"
 
[内部イベント] The 19th IFReC Colloquiumを開催しました。
 
免疫学講座 Series 7 「がん免疫治療の選択と可能性」を開催しました。
 
生命機能数理モデル検討会 "細胞内で分子はどこまで正確に情報を伝えられるのか" を開催しました。
 
【内部イベント】The 18th IFReC Colloquium を開催しました。
 
第4回WPI合同シンポジウムが開催されました
 
免疫学講座 Series 6 「免疫学の誕生-歴史を作った巨人たち-」を開催しました。
 
[内部イベント] The 18th IFReC Colloquium
 
Cancer Immunotherapy Forum
 
Thomas Marichal, DVM, PhDによるセミナーを開催しました。
 
第4回WPI合同シンポジウムのお知らせ
 
Dr. Gaetan Burgioによるセミナーを開催しました。
 
Staff Development 免疫学講座 Series 5 「免疫学の最前線は今、何をみているか」を開催しました。
 
岡部泰賢博士によるセミナーを開催しました。
 
KAKENHI "Grant-in-Aid for Scientific Research" Seminar for International Researchers
 
第5回岸本基金レクチャーが開催されました。
 
次世代シーケンスセミナーが開催されました。
 
KAKENHI "Grant-in-Aid for Scientific Research" Seminar for International Researchers
 
Prof. Yair Reisner によるセミナーを開催しました。
 
Staff Development 免疫学講座 Series4 「細胞の死と自己免疫疾患について」を開催しました。
 
【内部イベント】 The 17th IFReC Colloquium
 
Dr. Fritz Melchers によるセミナーを開催しました。
 
NextBio / IPAテクニカルセミナーを開催しました。
 
ハラスメントセミナーを開催しました。
 
Staff Development 免疫学講座 Series3 「若手研究者が斬るガン免疫治療-新しいがん治療の選択肢-」を開催しました。
 
Dr. Paul Hortonによるセミナーを開催しました。
 
第2回 免疫フロンティアB to Bセミナー
 
【内部イベント】 The 16th IFReC Colloquium
 
鍋倉 淳一教授によるセミナーを開催しました。
 
[Internal Event] The 16th IFReC Colloquium
 
Brain-Immune Interaction Laboratory (IFReC) 
Kickoff Seminar が開催されました。
 
免疫学講座 Series2「自己」 と 「非自己」-免疫系はいかにして適切な応答を選択するか-を開催しました。
 
【内部イベント】The 15th IFReC Colloquium を開催しました。
 
"マイクロアレイとNGSのいいとこどりセミナー"が開催されました。
 
Prof. Sylviane MULLER によるセミナーを開催しました。
 

Archives

 
TOPに戻る