News & Topics

HOME > News & Topics > Seminar > 2009年度 > Dr. Unanue によるセミナーを 5月28日に開催しました。

Dr. Unanue によるセミナーを 5月28日に開催しました。

Dr. Emil R. Unanue (Department of Pathology and Immunology, Washington University School of Medicine, USA) による講演会 "SELECTION OF UNIQUE PEPTIDES BY CLASS II MHC MOLECULES MODULATES THE CD4 T CELL RESPONSE" を 5月28日に開催しました。

Dr. Unanue はアメリカ最高の免疫学者の一人です。米国科学アカデミー(NAS)のメンバーで、NASの細菌学・免疫学の分野では座長も務めました。Dr. Unanue は抗原の研究とそれらを認識するT細胞の仕組みを解明する研究分野で長年リーダーを務め、現在“抗原提示”として知られている新しい研究分野の先駆者です。

Dr. Unanue はこれまでに ウィリアム・コーリー賞 (1989), アルバート・ラスカー賞 (1995), そしてロベルト・コッホ ゴールドメダル (2005) を受賞しています。

"From antigen processing to peptide-MHC binding" (Essay by Prof. Unanue)


20090528_Unanue_1.jpg

今回のセミナーでは、会場に立ち見が出るほど研究者と学生がつめかけました。


20090528_Unanue_2

Dr. Emil R. Unanue と当日の聴衆

Archives

 
TOPに戻る