News & Topics

HOME > News & Topics > Seminar > 2009年度 > 戸村道夫博士によるセミナー「 免疫細胞の時間・空間・数量的な制御メカニズムの解明に基づく免疫システムの理解」を開催しました。

戸村道夫博士によるセミナー「 免疫細胞の時間・空間・数量的な制御メカニズムの解明に基づく免疫システムの理解」を開催しました。

理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター(RIKEN RCAI) 自己免疫制御研究グループ(金川修身ディレクター)の戸村道夫上級研究員によるセミナーにおいては、同研究グループで確立した「カエデマウス」と名付けた新しい評価系を中心に紹介されました。これは紫色の光を照射すると緑から赤に変色する光変換蛍光タンパク質「カエデ」を導入したマウスのことで、正常時と皮膚炎症時に、皮膚からリンパ系に移動した免疫細胞を追跡することができるユニークな方法です。

さらに、今後カエデマウスを利用した研究をさらに進め、皮膚免疫炎症だけでなく、免疫細胞がいかにして全身を巡りながら免疫系全体を成立させているのか、というメカニズムの解明が期待されました。


セミナーのポスター

Archives

 
TOPに戻る