News & Topics

HOME > News & Topics > Seminar > 2011年度 > The 1st IFReC Colloquium が開催されました

The 1st IFReC Colloquium が開催されました

IFReCは新しいセミナーシリーズ "IFReCコロキアム"を開始しました。

"IFReCコロキアム"は3か月に1回の割合で開催され、IFReCのメンバーのみが参加できるセミナーです。
第1回IFReCコロキアムは、9月21日に谷口記念講堂で開催され、IFReCの研究室から3人の若手研究者が未発表データを含む最新の研究成果を発表しました。 台風下の悪天候にもかかわらず、約100人の参加があり、活発な討議の後はお茶とお菓子の会を楽しみました。

次回は12月21日(水)に開催予定です。

1st_colloquium
1st Colloquium Poster

 
The 1st IFReC Colloquium
日時 2011年9月21日(水) / 1:30pm-4:30pm
場所 大阪大学 吹田キャンパス 生命科学融合研究棟1階 谷口記念講堂
事前登録 不要
連絡先 坂野上准教授  (IFReC 企画室) 内線: 4273 / Email:
プログラム
1:30pm
1:40pm
Shizuo AKIRA
(Director of IFReC)
 Greeting
1:40pm
2:20pm
Takuya UEHATA
(Host Defense)
Regnase-1 is an RNase essential for controlling immune responses by regulating mRNA decay.
2:20pm
3:00pm
Tadahiro SUENAGA (Immunochemistry) Presentation of cellular intact proteins by MHC class II. A new pathway of antigen presentation by MHC class II.
3:00pm
3:40pm
Cevayir COBAN
(Malaria Immunology)
Underlying Mechanisms of Adjuvant Properties of Nanocrystals
3:40pm
4:30pm
Coffee Hour (with sweets and light snacks)

1st_colloquium_01 1st_colloquium_02 1st_colloquium_03 1st_colloquium_04 1st_colloquium_01 1st_colloquium_06

Archives

 
TOPに戻る