News & Topics

HOME > News & Topics > Seminar > 2020年度 > [内部イベント] FD研修「研究成果を発信する方法」(10月16日&21日)

[内部イベント] FD研修「研究成果を発信する方法」(10月16日&21日)

大阪大学が主催する「教員のためのファカルティディブロップメント (FD) 研修」の一環として「研究成果を発信する方法 -日本における研究広報の実態-」を開催しました。

日時と場所(同一内容)

  • 2020年10月16日(金) 15:00-16:00 (吹田キャンパス 谷口記念講堂) 40名先着
  • 2020年10月21日(水) 15:00-16:00 (豊中キャンパス サイエンス・コモンズダイセルスタジオA) 20名先着

詳細

  • 講師:坂野上 淳(IFReC 企画室 広報担当)
  • 受講対象:
    大阪大学内の若手研究者で今後研究成果のプレスリリースを希望する方や興味ある方。少しでも広報に携わる事務職や秘書の方も歓迎。
  • 内容:
    大阪大学の研究成果がしばしばメディアに取り上げられます。それらはどのような手順で掲載・放送に至るのでしょうか?研究者側はどのように情報発信するのが有効でしょうか?成功事例や注意点を交えてお伝えします。

受講申し込み

坂野上淳(さかのうえじゅん)特任教授
E-mail:j-sakano@ifrec.osaka-u.ac.jp
それぞれの開催日の3日前の17:00までに電子メールでお申し込みください。

注意

  • 大阪大学の内部イベントです。
  • 事前準備一切不要です。
  • 充分な間隔を取って対面で行いますが、参加者のマスク着用を義務とします。
  • 人数制限を行うため、メールによる事前予約が必須です。

Archives

 
TOPに戻る