News & Topics

HOME > News & Topics > Topics > 2009年度 > IFReC の坂口志文教授が紫綬褒章を受章しました。

IFReC の坂口志文教授が紫綬褒章を受章しました。

政府は今秋の褒章受章者を発表しましたが、IFReCの坂口志文教授が学術分野や芸術・スポーツで顕著な貢献をした人々に贈られる紫綬褒章を受章しました。

坂口教授は正常な動物に存在し免疫反応の抑制や寛容に重要な働きをするする制御性T細胞(regulatory T cells; Tregs)の発見者です。その後も自己免疫疾患、アレルギー、移植免疫寛容、ガン免疫など生理学・病理学的な免疫反応の制御においてTregsが果たす重要な役割の解明に功績をあげてきました。



- 坂口教授の紹介ページは こちら

Archives

 
TOPに戻る