News & Topics

HOME > News & Topics > Topics > 2010年度 > 韓国研究財団がIFReCを訪問

韓国研究財団がIFReCを訪問

11月30日、韓国研究財団 国際R&D事業-グローバル研究室(GRL)事業担当のChang教授らの使節団の訪問を受けました。 韓国では、日本の文部科学省の世界トップレベル研究拠点(WPI) プログラム と似た国際R&Dプログラムを推進しようとしています。今回の訪問ではWPI事業に対する実質的な運営について の視察が行われました。また今後の、共同研究の可能性について意見交換が行われました。

National

意見交換終了後には、IFReCに在籍する韓国人研究者たちとの懇談も行われ、研究生活等について話し合われました。

韓国使節団

  • Soo-Ik Chang, Professor of Biochemistry, Chungbuk National University
  • Sang-Wan Shim, Asistant Deputy Director, Ministry of Education, Science & Technology
  • Cheol-ho Kang, Head for Global Joint Research Program, National Research Foundation of Korea
  • Tae-In Kim, Associate Researcher, Chungbuk National University

Archives

 
TOPに戻る