News & Topics

HOME > News & Topics > Topics > 2013年度 > 「教職員のためのアウトリーチ実践論 -IFReC での経験から-」を開催しました。

「教職員のためのアウトリーチ実践論 -IFReC での経験から-」を開催しました。

12月3日(火) 坂野上淳 特任准教授による「教職員のためのアウトリーチ実践論 -IFReC での経験から-」を開催しました。

日時 2013年12月3日(火)
午後3時 - 午後4時
会場 免疫学フロンティア研究センター 
IFReC研究棟 2F 会議室1
参加登録 不要
講演者 坂野上淳 特任准教授
(免疫学フロンティア研究センター 企画室)
内容 昨今「アウトリーチ」という言葉をよく耳にします。もともとは「手の届かないところに手を伸ばす」という意味で、公的機関の出張サービスなどを指すものですが、「研究者のアウトリーチ」にはそれ以上の意味が含まれているようです。大阪大学においてもアウトリーチを定義する試みが行われており、各研究者や支援スタッフが模索しつつ進めています。世界トップレベル研究拠点(WPI)の一つとして2007年に大阪大学に誕生した免疫学フロンティア研究センター(IFReC)では比較的早い段階からアウトリーチに取り組んできました。その活動内容のみならず、ポリシーやモチベーションになる要因などについて、担当者が経験をもとにお話しします。これから研究のアウトリーチを始める教職員の参考になる内容です。

坂野上 淳 プロフィール

東北大学大学院理学研究科物理学専攻修了、博士(地球環境学)。厚生省・民間会社での研究員を経て、2008年より大阪大学免疫学フロンティア研究センター広報・研究マネージメント担当教官。著書に『新しい自然免疫学』(技術評論社)他。

会場

Archives

 
TOPに戻る