News & Topics

HOME > News & Topics > Topics > 2014年度 > IFReC の柳田敏雄 副拠点長が日本物理学会名誉会員に選出

IFReC の柳田敏雄 副拠点長が日本物理学会名誉会員に選出



柳田 敏雄

IFReC / 副拠点長
主任研究者 / 1細胞1分子イメージング

日本物理学会は、柳田敏雄 大阪大学特任教授(IFReC副拠点長)に 日本物理学会名誉会員 の称号を授与しました。

同学会名誉会員は物理学に関し、顕著な功績を挙げた会員に贈られるもので、1950年から2013年まで合計37名に贈られてきました。第一回の受賞者である長岡半太郎(元大阪大学総長)らの後、1974年の湯川秀樹、朝永振一郎、2008年の小林誠、益川敏英、南部陽一郎各氏などノーベル物理学賞受賞者の名前が並びます。2014年は「一分子計測技術」の開発などを通し、生物システムの原理解明に貢献してきた柳田教授がただ一人選ばれました。

Archives

 
TOPに戻る