News & Topics

HOME > News & Topics > Topics > 2014年度 > 「教職員のための研究広報実践論 - 研究報道とPIO -」を開催しました。

「教職員のための研究広報実践論 - 研究報道とPIO -」を開催しました。


poster

10月2日(木)、坂野上淳 准教授によるセミナー、「教職員のための研究広報実践論 - 研究報道とPIO -」 を開催しました。
このセミナーは阪大職員限定で行われました。

141002_1 141002_2 141002_3

日時 2014年10月2日(木)
午後5時45分 - 午後6時45分
会場 免疫学フロンティア研究センター 
IFReC研究棟 2F 会議室1
参加登録 氏名・所属・職名(又は学年)・連絡先を記載の上、9月26日(金)迄にメールでお申込み下さい。
  (定員30名)
申込宛先: minekoat_markifrec.osaka-u.ac.jp
講演者 坂野上淳 准教授
(免疫学フロンティア研究センター 企画室)
内容 "××大学で××という研究成果が発表されました" といった報道を新聞や テレビで目にします。
研究活動の社会への認知は "大阪大学を世界レベルの研究大学にする" という本大学の方針とも合致します。それを踏まえた本セミナーは、 2部からなっています。第1部では、最新の研究成果が一般報道に 取りあげられるまでの手順や問題点について説明します。 第2部では、'Working with Public Information Officers (Dennis Meredith 著/ 飯島他 訳)'を元にPIOという研究所の広報を専門にする職業について語り、 「世界トップテン」をめざす大阪大学への提言を行います。

坂野上 淳 プロフィール

東北大学大学院理学研究科物理学専攻修了、博士(地球環境学)。厚生省・民間会社での研究員を経て、2008年より大阪大学免疫学フロンティア研究センター広報・研究マネージメント担当教官。著書に『新しい自然免疫学』(技術評論社)他。

会場

Archives

 
TOPに戻る