News & Topics

HOME > News & Topics > Topics > 2015年度 > Coban教授が天王寺高等学校にて講演

Coban教授が天王寺高等学校にて講演

Coban教授(マラリア免疫学)が2015年6月8日(月)に大阪府立天王寺高等学校で行われた天高アカデメイアにて講演を行いました。

「Immune responses to Malaria」と題した講演は英語で行われ、Coban教授は100名近い生徒を前に、マラリアという病気やマラリア原虫の生活環の話に始まり、マラリア研究の複雑さ、最新の研究成果まで幅広く紹介しました。

参加した生徒たちは、英語での高度な研究の話にも集中してメモをとっていました。講演後も質問のための長蛇の列ができ、Coban教授はひとつひとつの質問に丁寧に答えていました。

150608_1 150608_2 150608_3

次回は11月に中江文准教授の講演を予定しています。

Archives

 
TOPに戻る