News & Topics

HOME > News & Topics > Topics > 2015年度 > 中江准教授が天王寺高等学校にて講演

中江准教授が天王寺高等学校にて講演

中江准教授(脳―免疫系相互作用)が大阪大学の出身高等学校訪問企画として、2015年11月18日(水)に大阪府立天王寺高等学校で行われた天高アカデメイアにて講演「What is pain? Why in English?」を行いました。1年生を中心に113名の生徒が参加しました。

講演では「痛み」の研究紹介に続いて、「痛み」についての実験を行い、生徒たちに研究の思考方法を体験してもらいました。また本講演は英語で行われ、これからの若い世代に求められる英語能力についても、研究現場での経験をとりあげて言及していました。

151118_1 151118_2 151118_3 151118_3

Archives

 
TOPに戻る