News & Topics

HOME > News & Topics > Topics > 2017年度 > IFReC の研究者が免疫学会の各賞を受賞

IFReC の研究者が免疫学会の各賞を受賞

2017年12月12-14日に仙台で行われた日本免疫学会の総会において、IFReCの研究者が各賞を受賞し表彰されました。

木下タロウ教授(糖鎖免疫学)は、第4回日本免疫学会ヒト免疫研究賞(JSI Human Immunology Research Award) を受賞しました。受賞題目は、 「発作性夜間ヘモグロビン尿症の発症メカニズムの解明」です。
ジェヴァイア・チョバン教授(マラリア免疫学) は、第4回日本免疫学会女性免疫研究者賞を受賞しました。受賞題目は、「マラリア―宿主間の免疫相互作用の解明」です。
12月13日には、両受賞者の記念講演会が行われました。

Researchers of IFReC awarded at JSI
受賞記念講演会会場におけるCevayir Coban 教授(左)と木下タロウ教授(右)

同総会においては日本免疫学会研究奨励賞の表彰式も行われ、笹井美和助教(免疫寄生虫学)と平安恒幸助教(免疫化学)の両氏も表彰されました。

Archives

 
TOPに戻る