News & Topics

HOME > News & Topics > Topics > 2018年度 > 大阪大学をはじめとする4者が文部科学大臣賞を受賞

大阪大学をはじめとする4者が文部科学大臣賞を受賞

大阪大学ならびに中外製薬株式会社、大塚製薬株式会社、ダイキン工業株式会社は、2月5日、内閣府主催の「第1回 日本オープンイノベーション大賞」において、「基礎研究段階からの産学共創~組織対組織の連携~」で文部科学大臣賞を受賞しました。

本賞の受賞理由として、IFReCが大きく関わった包括連携契約が独創的基礎研究をスムーズに応用展開に繋ぐことがあげられました。

この包括連携契約では、大学が基礎研究段階から研究活動経費の提供を受けることで、目先の課題ではなく、長期的視野で基盤研究を安定的に推進します。また、大学の持つ総合的な知と企業が有する技術とが結びつくことで、長期的なオープンイノベーションを実現することが期待されます。

表彰式は、3月5日(火)に東京で行われます。

日本オープンイノベーション大賞 (Japan Open Innovation Prize)

Archives

 
TOPに戻る