News & Topics

HOME > News & Topics > Topics > 2019年度 > 坂口志文教授がドイツ免疫学会賞を受賞

坂口志文教授がドイツ免疫学会賞を受賞

免疫学における傑出した功績を讃えるドイツ免疫学会賞が、坂口志文教授(IFReC 実験免疫学)に授与されました。 坂口教授は国際的に傑出した免疫学者であり、自己免疫疾患の病態における制御性T細胞研究の先駆者です。​

2019年9月11日にミュンヘンにおけるドイツ免疫学会 (DGFI) 年度総会で発表・表彰が行われました。​

DGFIのサイト​



実験免疫学  坂口 志文 教授

坂口研究室

Archives

 
TOPに戻る