News & Topics

HOME > News & Topics > Topics > 2019年度 > IFReC と 大阪大学が AAAS 2020 に参加.

IFReC と 大阪大学が AAAS 2020 に参加.

IFReC をはじめとする大阪大学は、2月13日から16日にアメリカ・ワシントン州シアトルで開催されたアメリカ科学振興協会年次大会 (AAAS 2020) に参加しました。

アメリカ科学振興協会 (American Association for the Advancement of Science; AAAS) は、世界最大の総合学術団体で、科学雑誌「サイエンス」を発行するなど、科学の発展と社会還元を目的としています。 AAAS年次大会 は、19世紀半ばから続くもので、例年アメリカ以外の数十か国からも参加者があります。参加者は、研究者(高校生含む)、ジャーナリスト、政府関係者そして市民です。

AAAS 2020のテーマは "ENVISIONING TOMORROW'S EARTH" でした。会場の設計にはエコを意識したものが多く、出展者にもエネルギーロスへの配慮が求められました。特別講演に登場したビル・ゲイツ氏(ビル&メリンダ・ゲイツ財団/マイクロソフト創業者)も地球環境に対する自身も含めた富める者の義務を語りました。

IFReCを含めた大阪大学のスタッフは、展示ブースを展開し、大学の研究、研究環境、IFReCのスーパーポスドク等の情報を発信しました。また、ブース活動の合間にシアトル日本人補習学校と在シアトル日本国総領事館を訪問し、2020 年度に開始する大阪大学の新しい入試制度について説明をしました。これは、海外で教育を受けた高校生が対象で、それぞれの教職員の方は興味を持たれたようでした。

IFReC は、別会場の「ファミリーサイエンスデイ」にもブースを出展しました。このイベントは、家族連れや小中学生を対象に「目に見える」数々の科学イベントが行われます。IFReCのブースでは、ガン組織の観察と免疫細胞の分類を中心に行い、終日盛況でした。日本から AAAS「ファミリーデイ」に参加する団体はまれで、会場で出会った現地在住日本人の方も驚かれていました。

AAAS 2021 は来年の2月にアリゾナ州フェニックスで開催されます。

AAAS Meeting

AAAS 2020 annual meeting AAAS 2020 annual meeting AAAS 2020 annual meeting AAAS 2020 annual meeting AAAS 2020 annual meeting AAAS 2020 annual meeting

Archives

 
TOPに戻る