News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2008年度 > 二本鎖RNAに対する認識機構を解明 (審良拠点長・加藤研究員らが The Journal of Experimental Medicine に掲載)

二本鎖RNAに対する認識機構を解明 (審良拠点長・加藤研究員らが The Journal of Experimental Medicine に掲載)

細胞内に侵入してきたウィルスのRNAセンサとして働く遺伝子があることは知られています。 免疫学フロンティア研究センター 審良静男拠点長、加藤博己研究員らは、この中から 2種類の遺伝子、RIG-Iと MDA5 が侵入したウィルスの2本鎖RNAの長さによってそれぞれ認識を分担していることを初めて明らかにしました。

Article

Archives

 
TOPに戻る