News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2008年度 > Th17細胞は繊維芽細胞に存在するIL-6増幅ループを活性化する事で自己免疫疾患を誘導する。(村上准教授、平野教授らが Immunity に掲載)

Th17細胞は繊維芽細胞に存在するIL-6増幅ループを活性化する事で自己免疫疾患を誘導する。(村上准教授、平野教授らが Immunity に掲載)

<研究の背景と経緯>

Th17細胞は、最近発見されたTh1、Th2細胞に続く第3番目のCD4+ヘルパーT細胞の細胞集団で、活性化すると多くのIL-17を産生します。これまでの研究から、Th17細胞は多くの自己免疫疾患(関節リウマチ、糖尿病、自己免疫性脳脊髄炎等)に重要であることが示されてきました。しかし、Th17から産生されるIL-17がどのように多くの自己免疫疾患を誘導するのか不明でした。一方、著者らは免疫細胞と繊維芽細胞等の非免疫細胞の相互作用が自己免疫病の発症に重要である事を報告してきました(Sawa et al., JEM, 2006)。


<本研究の内容>

今回、村上准教授らはTh17細胞から産生されるIL-17がIL-6と協調して繊維芽細胞(1型コラーゲン陽性細胞)に作用し、さらに多くのIL-6を産生するという”IL-17誘導性のIL-6産生増幅ループ”の存在を示しました。このIL-6増幅ループの暴走が自己免疫性関節炎(F759関節炎)および自己免疫性脳脊髄炎(EAE)に重要である事をマウスの生体内にて証明しました。


Murakami-JPN.jpg
<今後の展開>

このIL-6増幅ループを人為的に増強、減弱する事で、生体の免疫反応をコントロールしてワクチン、癌治療、アレルギー治療等への応用も可能となります。

 

Article


<お問い合わせ先>

平野 俊夫(ひらの としお)
〒565-0871
大阪府吹田市山田丘2-2
大阪大学大学院生命機能研究科、医学系研究科(C7), JST, CREST
大阪大学免疫学フロンティア研究センター 免疫発生学研究室

Tel: 06-6879-3881 Fax: 06-6879-3889
E-mail: hirano@molonc.med.osaka-u.ac.jp

Archives

 
TOPに戻る