News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2009年度 > 亜鉛トランスポーター Znt5/Slc30a5 はアレルギー皮膚炎(遅延型)の発症に必須である。 (平野教授が J. Exp. Med に掲載)

亜鉛トランスポーター Znt5/Slc30a5 はアレルギー皮膚炎(遅延型)の発症に必須である。 (平野教授が J. Exp. Med に掲載)

亜鉛は生命維持に必須の元素です。生体内における亜鉛濃度は亜鉛トランスポーター(輸送体)によって制御されています。亜鉛欠乏により免疫不全になることは以前より知られていましたが、亜鉛トランスポーターと免疫応答の関係についてははっきりと分かっていませんでした。

平野教授らは亜鉛トランスポーターの一つで肥満細胞で高発現しているZnt5が接触性アレルギー皮膚炎(遅延型)の発症に重要な役割を担っていることを示しました。

Znt5ノックアウトマウスでは、皮膚の炎症を誘導するサイトカインの産生が低下していました。同様に、Znt5ノックアウトマウスに由来する培養肥満細胞においてもサイトカインの産生が低下しました。このときサイトカインの産生に重要なPKC (Protein Kinase C)の膜移行が低下している事実も明らかになりました。

以上から、Znt5は肥満細胞が関係する接触性アレルギー皮膚炎(遅延型)で選択的に作用する新しいキープレーヤーだと分りました。

Hirano_JEM.bmp
Article


<お問い合わせ先>

平野俊夫
大阪大学免疫学フロンティア研究センター
免疫発生学研究室

hirano@molonc.med.osaka-u.ac.jp

Archives

 
TOPに戻る