News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2009年度 > SFB(セグメント細菌)が腸管の Th17 の誘導に重要である。 (本田准教授・竹田教授らが Cell に掲載)

SFB(セグメント細菌)が腸管の Th17 の誘導に重要である。 (本田准教授・竹田教授らが Cell に掲載)

腸管内腔には、多くの種類、量の常在菌が存在しています。常在菌は食物の分解、消化、吸収を手助けしているだけでなく、腸管免疫系の構成、維持に非常に重要な役割も持っています。しかし、その詳細についてはまだあまりよくわかっていませんでした。

今回、われわれは常在菌の一種であるsegment filamentous bacteria (SFB, セグメント細菌)が小腸の粘膜固有層に存在するTh17細胞の誘導に重要な役割を担っていることを明らかにしました。また、SFBにより誘導されたTh17細胞は、病原菌であるCitrobacter rodentiumの感染防御に働き、引き起こされる腸炎が有意に抑えられることが明らかになりました。


Cell-20091124_Figure.jpg
Article


<お問い合わせ先>

竹田 潔
大阪府吹田市山田丘2-2
大阪大学免疫学フロンティア研究センター (IFReC) 粘膜免疫学研究室
(大阪大学医学系大学院)
大阪府吹田市山田丘2-2

ktakeda@ongene.med.osaka-u.ac.jp

Archives

 
TOPに戻る