News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2011年度 > B リンパ球から抗体産生細胞への分化を制御する仕組みを解明 (黒崎教授らが Science Signal. に掲載)

B リンパ球から抗体産生細胞への分化を制御する仕組みを解明 (黒崎教授らが Science Signal. に掲載)

大阪大学免疫学フロンティア研究センター分化制御研究室の黒崎知博教授を中心とする共同研究グループは、免疫機能を発揮するB リンパ球が抗体産生細胞に分化するために必要なシグナルを、リン酸化酵素 Erk が伝達することを世界で初めて解明しました。

B リンパ球は、生体を脅かす細菌やウイルスなどの抗原に遭遇すると、抗体産生細胞へと分化して抗原特異的抗体を産生し、生体防御機能を発揮します。しかし、このB リンパ球から抗体産生細胞へ分化する仕組みは謎のままでした。

研究グループは、リン酸化酵素Erk に注目し、この酵素を免疫応答時に誘導的に欠損させる遺伝学的手法を用いて、抗体産生細胞への分化におけるErk の役割を解析しました。その結果、Erk がBlimp-1 という転写因子の発現を誘導し、抗体産生細胞へと分化させるのに必須のリン酸化酵素であることを初めて明らかにしました。また、Erk がElk1 と呼ばれる転写因子をリン酸化させBlimp-1 の発現を誘導するという仕組みも突き止めました。本研究の成果は、抗体が原因となるアレルギー疾患や自己免疫疾患の治療法につながると期待されます。


Article


pdf_icon くわしい解説


<お問い合わせ先>

黒崎 知博(くろさき ともひろ)
分化制御研究室
大阪大学免疫学フロンティア研究センター (IFReC)
理化学研究所 免疫・アレルギー科学総合研究センター
TEL:045-503-7085 FAX:045-503-7018
kurosaki@ifrec.osaka-u.ac.jp

Archives

 
TOPに戻る