News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2012年度 > 免疫応答を抑える新たな分子メカニズムを解明 (斉藤 教授が JEM に掲載)

免疫応答を抑える新たな分子メカニズムを解明 (斉藤 教授が JEM に掲載)

理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センターの斉藤隆グループディレクター(大阪大学免疫学フロンティア研究センター招へい教授)、横須賀忠 上級研究員(科学技術振興機構さきがけ研究員兼務)のグループは、免疫応答の核となるT細胞の活性化や増殖を抑制する補助刺激受容体PD-1(Programmed Cell Death-1)が、集合体(ミクロクラスター)を形成し、T細胞の過剰な活性化を抑制していることを明らかにしました。

今回の成果は、PD-1の動態を制御するなど新しい観点からの創薬とともに、より選択的な免疫抑制剤や免疫活性剤の開発への可能性を示しており、安全で効果的な免疫治療の進歩につながると期待できます。


斉藤・横須賀_JEM解説.pdf


Article

Contact:

斉藤 隆
免疫シグナル研究室
大阪大学免疫学フロンティア研究センター (WPI-IFReC)

Archives

 
TOPに戻る