News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2012年度 > 痛風の炎症を抑えるメカニズムを解明 (審良 拠点長が Nat Immunol に掲載)

痛風の炎症を抑えるメカニズムを解明 (審良 拠点長が Nat Immunol に掲載)

栄養素の過剰摂取が引き金となり発症する生活習慣病(痛風、動脈硬化や2型糖尿病など)は、現代社会における重要な健康問題となっています。近年の研究により、生活習慣病の発症には自然免疫機構を介した炎症の誘導が深く関わることが明らかになってきました。自然免疫機構は、病原性微生物を排除するための感染防御機構としてよく知られていますが、過栄養摂取により生じる代謝物にも反応するために、強い炎症を引き起こして生活習慣病の発症要因になってしまいます。

IFReC の齋藤達哉准教授、審良静男教授(センター長)らは、様々な自己成分による炎症の誘導に関わる自然免疫機構であるNLRP3インフラマソームの研究から、痛風が発症・炎症が進行するメカニズムの詳細を明らかにしました。

過栄養摂取により蓄積して痛風の発症要因となる尿酸結晶は、マクロファージなどの自然免疫担当細胞を強く刺激することにより、ミトコンドリアの損傷を引き起こします。ミトコンドリアの損傷は、健康・長寿に関わるSIRTファミリーに属する微小管機能の調節酵素SIRT2の活性低下につながります。SIRT2の活性低下は微小管を介したミトコンドリアの空間配置変動を引き起こし、損傷ミトコンドリアを介したNLRP3インフラマソームの活性化が強く促進されます。痛風治療薬であるコルヒチンは、微小管を作用標的としてミトコンドリアの空間配置変動を阻害することにより、NLRP3インフラマソームを介して発症する痛風の炎症症状を緩和すると考えられます。

コルヒチンは微小管の機能全般を阻害するので細胞・組織への傷害性が強く、治療薬としての使用頻度は減少しています。私たちがNLRP3インフラマソーム活性化を促進する因子として同定した チューブリンアセチル基転移酵素MEC17は、特定の微小管機能を調節する酵素であるため、コルヒチンに代わる副作用の少ない治療薬を開発する上での理想的な創薬標的と考えられます。また、NLRP3インフラマソームは2型糖尿病や動脈硬化の発症にも関わることが知られており、MEC17はこれらの生活習慣病における創薬標的としても期待されます。


齊藤・審良_Nat Immunol 解説.pdf


Article

Contact:

審良 静男(あきら しずお)
自然免疫学
大阪大学免疫学フロンティア研究センター (WPI-IFReC)

Archives

 
TOPに戻る