News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2012年度 > 組織常在マクロファージがメタボリックシンドロームをメンテナンスする (審良 拠点長が Nature に掲載)

組織常在マクロファージがメタボリックシンドロームをメンテナンスする (審良 拠点長が Nature に掲載)

IFReC 自然免疫学研究室の佐藤荘助教と審良静男教授らの研究グループは、M2マクロファージという細胞集団の中でも体内の様々な末梢組織に存在していものを組織常在型M2様マクロファージと命名し、この細胞の分化を司る遺伝子としてTribble1(Trib1) を発見しました。 更に、Trib1遺伝子欠損マウスでは、リポディストロフィー及びそれに起因して発症するメタボリックシンドロームの病態を呈する事を世界で初めて証明しました。

今回発見した研究成果は、リポディストロフィーやこれによって引き起こされるメタボリックシンドロームの様な病態の改善につながる薬の開発を行う上で極めて重要な研究成果であると考えられます。さらに、他にも存在している様々なM2マクロファージの研究が、癌や動脈硬化の様な世界中で多くの人を苦しめる疾患の治療法の開発にもつながることが強く示唆されます。


佐藤・審良_Nature 解説.pdf


Article

Contact:

審良 静男(あきら しずお)
自然免疫学
大阪大学免疫学フロンティア研究センター (WPI-IFReC)

Archives

 
TOPに戻る