News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2013年度 > ビタミンDは、破骨細胞を骨から遠ざけ血管へ引き戻す (石井優 教授が PNAS に掲載)

ビタミンDは、破骨細胞を骨から遠ざけ血管へ引き戻す (石井優 教授が PNAS に掲載)

超高齢社会を迎えている日本では、加齢に伴う骨粗鬆症の患者数増加が大きな社会問題となっています。ビタミンDが骨破壊を抑制して骨を強くすることは以前から知られていますが、どのように骨破壊を抑制しているのかについては、これまでの骨研究の手法では十分に解明されてきませんでした。

IFReC の菊田順一助教と石井優教授(生命機能研究科/医学系研究科 兼任)らの研究グループは、これまで骨組織の内部を生きたままイメージングすることで、破骨細胞の動きを捉えるという、世界的にも独自の研究手法を立ち上げてきました。今回この手法を用いて、ビタミンDが骨を壊す破骨細胞を骨に引き寄せる受容体の発現を減らして、骨に近づけないようにして骨破壊を抑制していることが初めて分かりました。こうした作用の様式が分かることで、骨疾患の治療により効果的な骨破壊抑制薬の開発につながることが強く期待されます。


石井優_PNAS 解説.pdf


Article

Contact:

石井 優(いしい まさる)
細胞動態学
大阪大学免疫学フロンティア研究センター (WPI-IFReC)

Archives

 
TOPに戻る