News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2014年度 > マクロファージの運命決定に関与する新たな生体システムの解明 (石井優 教授らが Nat Med に掲載)

マクロファージの運命決定に関与する新たな生体システムの解明 (石井優 教授らが Nat Med に掲載)

細胞はいつ、どうやって自分の運命を知るのでしょうか?従来の理解によると、様々なサイトカイン・成長因子が細胞の分化・運命を制御すると考えられてきました。

免疫学フロンティア研究センターの西川恵三助教と石井優教授らの研究グループは、免疫に関するマクロファージ系細胞の1つで関節リウマチなどの慢性炎症で骨を破壊・吸収する破骨細胞への分化・運命決定が、サイトカインだけでなく、その細胞の置かれた環境(特に代謝状態)が細胞内のエピジェネティクスを調節することで巧妙に調節されるという、全く新しい概念を明らかにしました。


西川・石井優 Nat Med 解説_20150224.pdf


Article


Contact:

石井 優(いしい まさる)
免疫細胞生物学
大阪大学免疫学フロンティア研究センター (WPI-IFReC)

Archives

 
TOPに戻る