News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2015年度 > 腸内細菌の大腸組織侵入を防ぐメカニズムを解明 (竹田グループが Nature に発表)

腸内細菌の大腸組織侵入を防ぐメカニズムを解明 (竹田グループが Nature に発表)

IFReCの奥村龍研究員、竹田潔教授(粘膜免疫学)らのグループは、腸管上皮細胞に発現するLypd8という蛋白質が有鞭毛細菌(鞭毛を持つ腸内細菌)の侵入を抑制し、腸管炎症を抑えるメカニズムを突き止めました。

本研究では、大腸上皮細胞に特異的に高く発現しているLypd8遺伝子を欠損したマウスを作製しました。野生型マウスでは腸管の内粘液層はほぼ無菌状態に保たれていますが、Lypd8遺伝子欠損マウスでは、内粘液層に腸内細菌が多数侵入し、腸炎の実験モデルにおいては野生型マウスと比較して重篤な腸炎を発症することを見出しました。また、Lypd8は高度に糖鎖で修飾されるGPIアンカー型蛋白質で、大腸管腔に分泌され、特に鞭毛を持つ腸内細菌に結合し、運動性を抑えることで最近の侵入を防止していることが明らかになりました。
近年患者数が増加している潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患の原因の一つとして、腸管上皮によって主に形成される腸管粘膜バリアの破綻が考えられています。潰瘍性大腸炎は、現在根治的治療がなく、発病原因のさらなる解明と新規治療開発が急務とされています。今後、Lypd8蛋白の補充療法などの粘膜バリア増強による潰瘍性大腸炎への新たな治療法の開発が期待されます。

解説 (PDF)


Article (外部リンク)


Contact:

竹田 潔 (たけだ きよし)
粘膜免疫学
大阪大学免疫学フロンティア研究センター (WPI-IFReC)

Archives

 
TOPに戻る