News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2016年度 > Satb1による制御性T細胞発生メカニズムの解明(坂口グループがNat Immunolに発表)

Satb1による制御性T細胞発生メカニズムの解明(坂口グループがNat Immunolに発表)

IFReCの北川瑶子研究員、坂口志文教授(実験免疫学)らのグループは、Satb1による制御性T細胞発生メカニズムを解明しました。
これまでの研究から、制御性T細胞の発生と機能に、転写因子Foxp3が重要な役割を果たすことがわかっていました。 今回、同グループはFoxp3発現前の制御性T細胞発生メカニズムを調べた結果、前駆体細胞において制御性T細胞特異的なスーパーエンハンサー領域の活性化が起こることがわかりました。
さらに、この現象にSatb1が必要であることを突き止め、Satb1がないと深刻な自己免疫反応が起きることがわかりました。 この研究成果の発展により、自己免疫疾患を含む免疫系疾患への理解が深まることが期待されます。



解説 (PDF)


Article (外部リンク)


Contact:
坂口 志文 (さかぐち しもん)
実験免疫学
大阪大学免疫学フロンティア研究センター (WPI-IFReC)

Archives

 
TOPに戻る