News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2018年度 > 自己免疫性関節炎の発症・慢性化の原因となる新たな細胞群と炎症ネットワークメカニズムの発見(坂口グループがImmunityに発表)

自己免疫性関節炎の発症・慢性化の原因となる新たな細胞群と炎症ネットワークメカニズムの発見(坂口グループがImmunityに発表)

IFReC 実験免疫学研究室の廣田圭司 招へい准教授、坂口志文 特任教授(IFReC 副拠点長)らは、自己免疫性関節炎を引き起こす炎症性T細胞が、関節炎の発症および慢性化に関わる新たな仕組みを明らかにしました。

Figure1



解説 (PDF)


Article (外部リンク)


Contact:
坂口志文

坂口 志文 (実験免疫学)


Tel06-6879-4462
Mailshimonifrec.osaka-u.ac.jp

大阪大学免疫学フロンティア研究センター (WPI-IFReC)

Archives

 
TOPに戻る