News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2021年度 > 新型コロナウイルスの重症化を防ぐ T細胞を同定(山崎 G が JEM に掲載)

新型コロナウイルスの重症化を防ぐ T細胞を同定(山崎 G が JEM に掲載)

山崎晶教授(IFReC/微生物病研究所/感染症総合教育研究拠点兼任)らのグループは、新型コロナウイルスを認識するヘルパーT細胞受容体の構造を初めて明らかにしました。同研究グループは、回復患者で共通して増加している T細胞クローンを同定し、このT細胞を持っている人は重症化しにくいことを見出しました。


figure1 重症化を防ぐT細胞受容体の構造と認識する抗原部位



解説(PDF)


Article (外部リンク)


Contact:
分子免疫学 山崎晶

山崎 晶(分子免疫学)


Tel06-6879-8306
Mailyamasakibiken.osaka-u.ac.jp

大阪大学免疫学フロンティア研究センター (WPI-IFReC)

Archives

 
TOPに戻る