News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2021年度 > TBK1 は感染やワクチンにおける免疫記憶に必須な因子(Coban G が JEM に掲載)

TBK1 は感染やワクチンにおける免疫記憶に必須な因子(Coban G が JEM に掲載)

東京大学医科学研究所のリー特任助教、チョバン教授(IFReC マラリア免疫学招へい教授)らの研究チームは、抗体を産生するB細胞とその成熟と記憶の形成の鍵を握るとされるリンパ節の濾胞を詳細に解析し、自然免疫などに関わる細胞内シグナル因子のTank Binding Kinase-1(TBK1)が、マラリア感染において濾胞内B細胞で強く活性化されていることを発見しました。


figure1 図:TBK1のリンパ節濾胞B細胞における役割



解説(PDF)


Article (外部リンク)


Contact:

東大医科研マラリア免疫学部門

Archives

 
TOPに戻る