News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2021年度 > 新規の脂質スクランブラーゼを発見(木下G がPNASに掲載)

新規の脂質スクランブラーゼを発見(木下G がPNASに掲載)

木下タロウ教授(IFReC 糖鎖免疫学/微生物病研究所)、王宜成特任研究員らの研究グループは、小胞体に存在する新規の脂質スクランブラーゼである CLPTM1L を発見しました。


figure


解説 (PDF)

Article (外部リンク)

Contact:
木下 タロウ

木下 タロウ(糖鎖免疫学)


大阪大学免疫学フロンティア研究センター (WPI-IFReC)

Archives

 
TOPに戻る