News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2022年度 > 自己免疫疾患とアレルギー疾患に共通した遺伝的特徴を明らかに(岡田随象GがAnn Rheum Dis. に掲載)

自己免疫疾患とアレルギー疾患に共通した遺伝的特徴を明らかに(岡田随象GがAnn Rheum Dis. に掲載)

大阪大学大学院医学系研究科の岡田随象教授(IFReC免疫統計学/理化学研究所生命医科学研究センター)らの研究グループは、計84万人のヒトゲノム情報の解析を行い、自己免疫疾患とアレルギー疾患に共通した遺伝的特徴を明らかにしました。

figure 1

図1. 本研究の概略



解説 (PDF)


Article (外部リンク)


Contact:
岡田 随象

岡田 随象(免疫統計学)


Tel06-6879-3971
Mail yokadasg.med.osaka-u.ac.jp

大阪大学免疫学フロンティア研究センター (WPI-IFReC)

Archives

 
TOPに戻る