News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2013年度 > ワクチンの効果を高める新規免疫核酸医薬の開発に成功 (石井健 教授がPNAS に掲載)

ワクチンの効果を高める新規免疫核酸医薬の開発に成功 (石井健 教授がPNAS に掲載)

ワクチン学の石井健教授らの研究グループは合成核酸であるCpG ODNを応用し新規アジュバントの開発を行いました。今回開発されたアジュバントは従来のCpG ODNに比べ強力な自然免疫応答及び、強いアジュバント活性を有している事が示されました。

今回の研究によって開発に成功した新規アジュバントはマウスやカニクイザルのみならず、ヒト細胞においても従来のCpG ODNより強い自然免疫、獲得免疫の活性化を示す事から、実際にヒトへの応用が期待されます。研究グループは、この新規アジュバントを実際に応用するために、GMP準拠の製剤化を行う事が次の課題であると考えており、新規アジュバントの製剤化に成功する事で、インフルエンザワクチンのアジュバントのみならず、がんワクチンや他の感染症のワクチンへの応用も可能であると考えられます。

また、アジュバントの体内動態をイメージング技術を用いて明らかにした事で、半減期や毒性などの安全性を重要視しながら、より有効なアジュバントの開発を目指す事が期待されます。


石井健_PNAS 解説.pdf


Article


Contact:

石井 健 (いしい けん)
ワクチン学
大阪大学免疫学フロンティア研究センター (WPI-IFReC)

Archives

 
TOPに戻る