News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2015年度 > ラマン分光法を用いて細胞の分化状態の可視化に成功 (藤田准教授らが Scientific Reports に掲載)

ラマン分光法を用いて細胞の分化状態の可視化に成功 (藤田准教授らが Scientific Reports に掲載)

理化学研究所生命システム研究センター (QBiC) 渡邉朋信チームリーダー、大阪大学免疫学フロンティア研究センターの藤田英明准教授らの共同研究チームは、ラマン散乱光の分光スペクトルを用いて、細胞の分化状態を非染色かつ非侵襲で識別し、細胞分化の途中過程における細胞状態の変遷を可視化することに成功しました。

Contact
藤田 英明

藤田 英明 准教授(1細胞1分子イメージング)

Tel 070-6804-7335 Mail fujitaatmarkifrec.osaka-u.ac.jp

Archives

 
TOPに戻る