News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2015年度 > 抗トキソプラズマ免疫反応のブレーキ役分子を同定 (山本教授らがPNASに掲載)

抗トキソプラズマ免疫反応のブレーキ役分子を同定 (山本教授らがPNASに掲載)

山本雅裕教授(IFReC免疫寄生虫学)らの研究グループは、RabGDIαと呼ばれる宿主分子が、病原性寄生虫「トキソプラズマ」に対する宿主免疫反応を抑制しており、RabGDIαの阻害によってトキソプラズマに対する免疫反応が大幅にアップすることを発見しました。

Contact
山本雅裕

山本雅裕教授(免疫寄生虫学)

Tel 06-6879-8333 Mail myamamotoatmarkbiken.osaka-u.ac.jp

Archives

 
TOPに戻る