News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2016年度 > メモリーB細胞の分化誘導メカニズムを解明(黒崎グループがNat Immunolに発表)

メモリーB細胞の分化誘導メカニズムを解明(黒崎グループがNat Immunolに発表)

IFReCの新中須亮助教、黒崎知博教授(分化制御)らの研究グループは、 胚中心B細胞から抗原を記憶するメモリーB細胞が分化誘導される仕組を解明しました。本研究では、メモリーB細胞が胚中心形成後すぐの、 抗原への親和性の低い胚中心B細胞から分化誘導されやすくなることがわかりました。またこれらの細胞では、Bach2遺伝子を高発現していることが明らかになりました。 この結果は、メモリーB細胞が複数の抗原に対して反応できる幅を残している可能性を示唆しており、多少の変異を起こした細菌やウイルスに対しても、 ある程度対応できる能力があると予想されます。

メモリーB細胞の分化誘導メカニズム


解説 (PDF)


Article (外部リンク)


Contact:

黒崎 知博
分化制御
大阪大学免疫学フロンティア研究センター (WPI-IFReC)

Archives

 
TOPに戻る