News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2017年度 > 傷ついた神経回路を修復させる仕組みを解明(山下グループがJCI誌に発表)

傷ついた神経回路を修復させる仕組みを解明(山下グループがJCI誌に発表)

IFReCの山下俊英教授(分子神経科学)らの研究グループは、膵臓から産生されるFGF21という物質が、脳や脊髄の神経回路を形成する髄鞘の構造を修復することを明らかにしました。
髄鞘が修復するためには、オリゴデンドロサイト前駆細胞が増殖する必要があります。研究グループは、多発性硬化症患者の脳のオリゴデンドロサイト前駆細胞にβ-klotho(FGF21共受容体)が発現していること、さらに、FGF21がヒトのオリゴデンドロサイト前駆細胞の増殖を促すことを明らかにしました。
本研究成果から、FGF21による神経回路の修復促進が多発性硬化症の治療につながる可能性が考えられます。



図1 傷ついた脳脊髄の神経回路は、膵臓が分泌するFGF21によって修復される。

 
解説 (PDF)


Article (外部リンク)


Contact:
山下 俊英教授

山下 俊英 (分子神経科学)

Tel06-6879-3661
Mail yamashitamolneu.med.osaka-u.ac.jp

大阪大学免疫学フロンティア研究センター (WPI-IFReC)

Archives

 
TOPに戻る