News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2017年度 > 単一細胞レベルでの免疫細胞活性化を測定する画期的光学システムの開発(Nicholas I. SmithグループがPNASに発表)

単一細胞レベルでの免疫細胞活性化を測定する画期的光学システムの開発(Nicholas I. SmithグループがPNASに発表)

Nicolas Pavillon 助教、Nicholas I. Smith准教授らの研究グループは、外部から色素や造影剤を添加せずに免疫細胞の非侵襲的測定を可能にするマルチモーダル顕微鏡プラットフォームを開発しました。同グループは機械的アルゴリズム(ディープラーニング)を用いて、リポ多糖類(LPS)投与時のマクロファージ活性化を解析しました。

figure 1

解説 (PDF)


Article (外部リンク)


Contact:
Nicholas Isaac Smith

Dr. Nicholas Isaac Smith (PI, バイオフォトニクス研究室, IFReC)

Biophotonics Laboratory

Tel06-6879-4945
Mail nsmithap.eng.osaka-u.ac.jp

大阪大学免疫学フロンティア研究センター (WPI-IFReC)

Archives

 
TOPに戻る